私の愛機と、ちょっとオマケの愛機(!?)をご紹介します。
まだまだ紹介しきれていないので、随時更新していきたいと思っています。

YAMAHA OAK CUSTOM



2004年頃からあらゆる現場でメインセットとして使っているオーク・カスタム。パワフルで芯の通ったサウンドが魅力!タムのマウントシステムは、PHX用のY.E.S.S.2にチェンジ。重量のあるオーク・シェルにこの方式……秘かにオススメです!

YAMAHA BIRCH CUSTOM
(SPECIAL ORDER)



1999年頃から導入したバーチ・カスタムはかなり手の込んだ特注品です。タムのシェルはレコーディングカスタム、ラグはスモールラグ、バッジは当時のバーチカスタムのスネア用。フープはヴィンテージに換装。とにかくキレイな音で鳴るドラムで、小音量やアコースティックな響きが欲しい現場で重宝しています。


YAMAHA YD-9000RCD



私が19歳の時に24回ローンを組んで購入した初のプロ仕様ドラムセット。口径=深さのRCD仕様です。写真にはありませんが、これに13"のタムを付けてバックバンド時代の苦楽を共にしました。日本武道館、甲子園球場、代々木体育館、、、様々な舞台を一緒に経験してきた戦友です。今は教室の備品として冷却中。またいずれステージで使いたいと思います。

Drum Head by ASPR



ドラムヘッド、いわゆる“ドラムの皮”は、ドラマーにとって最も大事なモノ。これが無ければ音は出ません。そのヘッドに、私はASPR(アサプラ)社製を使っています。まだそのメーカー名を聞いたことが無いドラマーも多いかと思いますが、これは純国産のドラムヘッドメーカーです。しかも、突然湧いたメーカーではなく、1963年から大手ドラムメーカーの純正ヘッドを供給してきた老舗です。そのASPRがオリジナル・ブランドのヘッドを作り始めたのは2011年。素材や成形には独自のこだわりがあり、それが独特の深みを持つASPRサウンドを作り出しています。最近は主要な楽器店や、通販サイトでも購入できます。興味のある方は是非一度試してみてください。私の叩いたデモンストレーション動画もYouTubeにあります!


My Cymbals



現在使っているシンバルはPAISTE社製のtwentyシリーズ中心。「パワフルなのに上品」というPAISTEならではのサウンドが気に入っています!
20"Ride、17"Crash、16"Crash、16"Thin Crash、18"Chinese、
13"Hi-Hat、18"Swiss Crash(Prototype)、10" Splash、
14"Dark Crisp Hi-Hat(Reflector)



YAMAHA DTX 750K



2012年より自宅練習とトラック制作のために導入したDTX750K。
叩いていて気持ちいい、でも、ヘタに叩くとちゃんとアラも出る機種です。
これからますます使い込んでいきたいと思っています。


Fender JAPAN JB62



ベース大好きな私。次の人生はベーシスト目指します(笑)
これはもうかなり長い間使っているFender Japanのジャズベ。オリジナルはパッシブでしたが、Atelier Zにてアクティプ・サーキットに交換してもらいました。現在はわけあって、SCANDALのTOMOさんに近いルックスに改造されています(笑)


Atelier Z 5strings(35inch Scale)



大好きなギター&ベースメーカー、Atelier Zがイレギュラーに製作した35インチスケールの5弦ベースです。代々木にあったショールームに行った時に一目惚れ。シースルーブルーのトラ目、美しいです。ドラムセットが買える金額でしたが、こっちを買ってしまいました。ちなみに2本製作したうちのもう一本のレッドは、「富倉安生さんが使っている」との本橋代表のお言葉が、購入の決定打となりました。イイ音します。でも重いです。でもでも大切にしています!